お寺の手帖

「お寺の手帖」は暮らしの中で役に立つお寺の知識や、宗派や尊像など、
みなさまが興味をもたれるお話を当寺副住職の浅井将玄上人がわかりやすく語ります。

仏事のこと

無財の七施

2019年2月1日(金)

更新が滞ってしまい申し訳ありません。

私事ではありますが昨年の四月に息子が誕生し、新米パパとして奮闘中の身でありまして更新する暇がありませんでした。

はい、言い訳です。申し訳ありません。

 

子供に対する親の愛情というのは、自分が親の立場になって初めて気づく物なのだなと実感しながら日々邁進してますが、この「親の愛情」こそ見返りのない愛情なのでは無いかなと思います。

私も含め基本的にはすぐに見返りを求めてします。

「○○をしてあげた

なんて言う人が良くいますが、「あげた」といった時点で自分の方が上から物をいってますね。

さらにもう一言足すと

「○○をしてあげたのに

なんて言ってしまうと、完璧に見返りを求めてますね。

 

自分の過去を思い返せば良くこの言葉使ってしまっています。

しかし不思議と子供に対してこの言葉は出てこないものです。

 

「ミルクを作ってあげたのに…」

「オムツを替えてあげたのに…」

 

世の中のパパさんママさんどうでしょう。話の文脈で言ったことはあっても、この言葉のみで発した方は少ないのでは無いでしょうか。

 

なぜなら見返りなんて求めていないから。むしろ元気で健やかに育ってほしいと自分の身を削ってでも我が子を案じます。

 

仏教では布施という言葉があります。

布施とは六波羅蜜(菩薩様が行う6つの修行方法)の一つで施しを行うことを指しますが、この中で「無財の七施」という物があります。

お布施と言えばお金をお寺に払うなんて思っている方も多いと思いますが、そんな金品に限ったものではありません。

たった今からでも実践できる、得を積むことができる修行なんです。

 

その無財の七施とは

一、眼施(慈眼施)
慈(いつく)しみの眼(まなこ)、優しい目つきですべてに接することである。

二、和顔施(和顔悦色施)(わがんえつしきせ)
いつも和やかに、おだやかな顔つきをもって人に対することである。

三、愛語施(言辞施)
ものやさしい言葉を使うことである。しかし叱るときは厳しく、愛情こもった厳しさが必要である。思いやりのこもった態度と言葉を使うことを言うのである。

四、身施(捨身施)
自分の体で奉仕すること。模範的な行動を、身をもって実践することである。
人のいやがる仕事でもよろこんで、気持ちよく実行することである。

五、心施(心慮施)(しんりょせ)
自分以外のものの為に心を配り、心底から、共に喜んであげられる、ともに悲しむことが出来る、他人が受けた心のキズを、自分のキズのいたみとして感じとれるようになることである。

六、壮座施(そうざせ)
わかり易く云えば、座席を譲(ゆず)ることである。疲れていても、電車の中ではよろこんで席を譲ってあげることを言う。さらには、自分のライバルの為にさえも、自分の地位をゆずっても悔いないでいられること等。

七、房舎施(ぼうしゃせ)
雨や風をしのぐ所を与えること。たとえば、突然の雨にあった時、自分がズブ濡れになりながらも、相手に雨のかからないようにしてやること、思いやりの心を持ってすべての行動をすることである。

 

 

の七つです。文字の通り財(金品)の必要としないお布施です。

七つをじっくり見てると子育てこそ無財の七施な気がしませんか?

菩薩様の修行方法なだけあって、見返りはもちろん望みません。見返りを求めた時点でお布施ではなくなってしまいます。

 

子育ては幸せな大変さです。赤ちゃんは泣くことしかできませんからその泣き声で求めていることを察する。いつも一緒にいるママには分かるんです。本当に頭が下がります。

 

たまーーに子供と二人でお留守番すると大変さが痛いほど分かります。こんなこと事をいうと万分の1も理解できてないで知ったかぶりしないでなんて怒られそうですが…

 

幸せと思うことも多くあると思いますが、楽しいことばかりじゃありません。辛いことも悲しいことも時には自分を恨むことのいっぱいあると思います。

 

途中で嫌になって投げ出したくなることをいっぱいあると思います。そんな時はこの「無財の七施」を思い浮かべて、世の中のパパさんママさんの心のモヤモヤを取り除き、少しでも自分のしている事に間違いは無いと思ってもらえれば幸いです。

 

とりとめのない内容となってしましましたが、今回は見返りを求めない「無財の七施」のお話でした。

お香

2018年11月24日(土)

皆様初めまして。副住職の浅井将玄と申します。

 これより前の記事は以前のホームページで掲載されていたものをそのままあげたものですが、ここからは私が書いたものになります。不定期に更新をして参りますので気楽にご覧になってお楽しみくださいませ。

また、ここで皆様にお願い事がございますが、ここで色々お話を致しますが基本的には私見と偏見を散りばめてお話を致しますので、クレームや訂正は一切受け付けておりません。(笑)よろしくお願いします。

 

 さて、今回はお香に関してお話をしたいと思います。一言に御香と言っても色々ありまして、お寺に来て法事の時にやるお焼香やお線香なども全てひっくるめて御香と言います。

私は御寺で育った為か御香の香りがとても好きで、御香の香りを嗅ぐととても落ち着きます。実際に御香の香りはアロマテラピー等の心身をリラックスさせる為にも用いられ、良い香りには気持ちを落ち着かせる効果があるそうです。

 

また、よくお檀家さんに「焼香の回数は三回か一回どっち?」と質問されることがであります。

 

 

答えをこたえる前にまずは御香の起源を辿ってみますと、とても古く紀元前三〇〇〇年のメソポタミア文明まで遡り、当時の宗教上の儀礼の為に焚かれていたと言われてます。又、御香は古代エジプトからインドに伝わり、仏教に取り入れられました。仏教では御香の香りを単なる香りとしてではなく、自らの邪気を払い、体や心の汚れを除き、清浄にする功徳があるものとされて居り、仏様に対する供養等に用いられる様になりました。

 

日本での歴史も古く、『日本書紀』の中には五九五年に淡路島に香木が漂流したという記述があり、これが日本で御香が用いられる様になった始まりとされてます。漂着した香木は朝廷に献上され当時の摂政である聖徳太子の手に渡りました。その後、仏教が日本中に弘まり、御香も広く普及する様になりました。

 

御香の供養の方法としては、「塗香・華香・焼香」等の三つの方法があります。

 

まず、塗香とは、御香を粉末にした抹香を手や身体に塗ったり口に含む事で、身を浄める意味があります。現在では写経をする際等にも用いられ、塗香は、御釈迦様の時代にも自らの体を浄める自行として用いられてました。

また、華香とは香りの良い華を摘み、その華を撒いて、場を浄める事で仏様に供養する意味が有り、主に、インドや東南アジアの仏教国で盛んに行われて居ります。

現在でも法要の時に花びらの形をしたお経の書いてある紙を撒きます。皆様もこのような者を見たことがあるのではないでしょうか。

 

 

そして、法事や葬儀などの仏事でよく行われる焼香とは、香木の切れ端を焚いて香りを出し、仏様に供養する事と、その香りによって自らだけでなく周りの全てのものを浄め、更に五感全体で御香を香る事で仏道精進の為の力を増すという意味があります。

 

御釈迦様の御説きになられた法華経の中にも香によって仏様を供養する様子が多く説かれて居り、『妙法蓮華経分別功徳品第十七』の一説に、「衆宝の妙なる香炉に、無価の香を焼いて、自然に悉く周遍して、諸の世尊に供養す」と御説きになって居られます。この一節で御釈迦様は、「多くの宝玉で出来た素晴らしい香炉に、値も付けられない程の香が焚かれ、その香りが自然と辺り一面に行き渡り、その場に居た多くの仏・菩薩を供養した」と御教示下さって居られます。

 

と、ここまでお香に対して説明をしてきましたが、いかがでしょう。お香の奥深さや歴史の深さを理解していただけたかと思います。

 

ここで初めの方に書いた質問の答えをお話ししたいと思います。

 

お焼香の回数ですが、「日蓮宗宗定法要式」には焼香の際の作法として、親指と人差し指で御香を摘み一炷もしくは三炷をすると記載されて居ります。

 

初めて見た漢字だと思いますが、この「火」に「主」とかいて「ちゅう」と読みます。

 

一炷の場合、法要の式衆が用いる作法で、その一炷に心を込め、仏様への供養の念を捧げるという意味が表されて居ります。

そして、三炷の場合は、主に導師が用いる作法で、一炷目は仏道修行を妨げる悪魔を追い払う様に念じ、二炷目は御釈迦様の影現を念じ、三炷目は法華経を信仰する者を守護して下さる諸天善神の擁護を念じるという意味があるとされて居ります。

 

これで答えが出たと思いますが、導師(お坊さん)が三回、その他の方が一回ということです。よく法事で「どうぞお焼香をしてください」と言ってやってもらうと皆様お坊さんの真似をしますから三回される方がほとんどです。前の人の真似をするのでまるで落語の「茶の湯」の様ですね。

 

私の場合は「一回焼香で」と説明をしますがそれでも三回される方がいます。(笑)

決してしてはイケない訳でも、お香を節約したい訳でもないので良いのですが、もし理解をされてる方がいたら赤っ恥をかいてしまします。是非この記事を読んで勉強してくださった方は、そういう方に教えてあげて下さい。

 

 

 このように仏事で行うものには一つ一つ意味があります。そういったものだったり、お寺の新着情報や皆様の意見・質問を私なりに勉強をし解釈をしたうえでここにアップしたいと思います。どうぞ焦らず優しい心と目で見守っていただけたらなと思います。

 

 これからもよろしくお願い致します。